スポンサードリンク

2012年01月23日

笠原流!おでんほか 2012年01月22日放送のレシピ

笠原流!おでんほか 2012年01月22日放送のレシピ

笠原流!おでん

【材料】
(1)大根1/3本手羽先8本
(2)エビ(ブラックタイガー)13〜16尾(正味220g)はんぺん1枚(110g)※エビとはんぺんは2:1の割合です。
(3)【卵のもと】卵黄2個分塩小さじ1/4サラダ油40ml
(4)片栗粉大さじ1
(5)水2L「ほんだし」小さじ1薄口しょうゆ100mlみりん100mlちくわ2本薩摩揚げ2枚コンニャク1枚結び昆布4本ゆで卵4個
(6)【だし汁あん】おでんのだし汁適量水溶き片栗粉適量※ご自宅の鍋に合わせて煮汁・具材の量はご調整下さい。

【作り方】
(1)大根は皮をむき、2cm幅程度の厚さに輪切りにし、面取りする。両面に十字の切れ込みを入れる。鍋に水をはり、大根を入れ、柔らかくなるまで下ゆでする。下ゆでが終わったら一度取り出し、蒸気を出して一旦冷ましておく。鶏の手羽先の骨の間に切れ目を入れ、大根をゆでていた鍋で手羽先もさっと霜降りし、取り出す。


(2)エビを包丁でミンチ状になるまで細かく叩く。はんぺんは手で握って潰す。


(3)【『卵のもと』作り】
ボウルに卵黄・塩を入れて泡だて器で混ぜる。サラダ油をごく少量ずつ、よく混ぜながらゆっくり加える。マヨネーズほどの硬さになるまでよく混ぜる。


(4)(2)と
(3)・片栗粉を加えてよく練り合わせる。⇒エビしんじょうの完成!


(5)鍋に、水・「ほんだし」・薄口しょうゆ・みりんを入れて沸かし、まずエビしんじょうをスプーンで一口大の団子にして入れる。表面の色が変わったら、手羽先とお好みの具材
(ちくわ・薩摩揚げ・コンニャク・結び昆布)を入れて一煮立ちさせ、大根・ゆで卵を下の方に入れてさらに20分ほど煮込む。


(6)【だし汁あん】
だし汁を別の鍋にとり、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけてあんにする。おでんにかけて頂く。

→完成!
posted by ウチゴハン主婦 at 05:50| レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。